自存(忍道)

自存(忍道) · 20日 2月 2021
よくここまで耐えて修行してくれた。
 2年近くの修行期間を経て、本日忍道初段の稽古を開始。これまでの屋内稽古とは違い、次第に屋外・山林等での稽古に移行するため、初めて「忍び六具」を示す。師弟共に「よくここまで耐えて修行してくれた。」としばし、感無量。鍵縄一つとっても鍵縄の強度、掛ける場所の強度・見極め方、投げ方、昇降の仕方、使う側の人体の修練、失敗して落下した際の処し方等々の稽古が思い返される。決して「SNS映え」はしない。が、このような道具を使って「人と人」「人と物」が教授の過程で交流し、そして鍵縄を使う際に道具を介して「人と自然」が交流する。忍道を通じて「人や自然と豊かな関係性が構築」されてゆく。コロナ禍で感じた「関係性が希薄となった剥き出しの個人」とは異なる世界。春に向けていよいよ修行に力が入ります。